1. 徳島フォトウェディングのカナエル
  2. ウェディングコラム一覧
  3. フォトウエディングの人気の理由・デメリット【最高の記念になるように解説】

2021.09.24

フォトウエディングの人気の理由・デメリット【最高の記念になるように解説】

今回は結婚式とフォトウエディング の違いやフォトウエディングの魅力を伝えながら

合わせてデメリットなどもお伝えしたいと思います。 一生に一度の結婚記念に残す行事。

自分たちに合った結婚の記念を見つけてください♪

 

フォトウエディングと結婚式の違い自分たちに合った結婚の記念を残すために

結婚式とフォトウェディングの大きな違いをご存知でしょうか。

フォトウェディングとは、結婚式をしないカップルが結婚の思い出を残すために行う記念撮影のことであり、

現在では結婚にまつわるイベントのひとつになっています。

フォトウェディングが結婚式とどのように違うのかを理解しておけば、

フォトウェディングの魅力的なメリットや結婚式を行わないことのデメリットも理解しやすいと思います。

・フォトウエディングとは、フォトウェディングとは、

結婚式や披露宴は行わないけれども、結婚衣装のウェディングドレスやタキシード、白無垢や紋付袴を着て

記念に写真撮影をするイベントになります。結婚の記念となる思い出を写真として記録に残すことができます。

結婚式の別撮り、前撮り、後撮りは、結婚式をあげることは別で記念撮影も行う前提での言葉で、

フォトウェディングとは異なる意味になりますが、撮影内容や費用はほとんど同じになります。

・結婚式とは、結婚を誓う儀式のこと。本来は「挙式」=「結婚式」が正しい認識です。

また、挙式の後にゲストを招いて食事や余興を行うパーティを「披露宴」と言います。

現在では、この挙式と披露宴(披露パーティとも)の両方を一緒に

「結婚式」だと認識しているカップルが多いようです。

また、結婚式二次会も結婚式に関する一連のイベントになっています。

 

  • コロナ禍で人気大爆発フォトウエディングのメリットデメリット

結婚式をしなかった場合「フォトウエディングのみで後悔しないかな…?」と

考えてしまう大きな理由をは以下の4つを占めているみたいです。

①両親に結婚衣装の姿を見せれないこと

②結婚式に憧れがあり挙式をしなくていいのか悩んでしまう

③ゲストを招待できないため、お祝いされないので寂しい

④周囲に結婚したことが伝わらず結婚のけじめがつかない

現在ではコロナかということもありフォトウェディングに両親や友人を招待して

一緒に記念撮影を行うケースも増加していますし、挙式をオプションで組み込んだり、

フォトウェディング後に会食を開いてみんなでお祝いを行うケースも増えています。

また、結婚のけじめという点では、現在ではSNSなどのツールで結婚報告が行えるため、

結婚を周知させやすい環境にあるのでフォトウエディングが人気になっております。

ただし、結婚式や披露宴にどうしても憧れがある、という場合には話は別です。

結婚式本来の意味を見直した上で、事前にパートナーとお互いよく話し合うことが大切です。

 

  • フォトウエディングで取り入れる【撮影小物と衣裳小物】のオススメ

フォトウェディングで使う小物は、「撮影小物」と「衣裳小物」の大きく2種類あります。

「撮影小物」とは、撮影に使用する小道具です。

撮影小物を使うことで、ワンパターン化した写真だけでなく、多種多様な写真が撮れるためおすすめです。

撮影小物の持ち方、目線のつけ方、撮影小物単品の物撮りなど、一つの撮影小物だけでも、

さまざまな写真を残すことができます。 中でもオススメの撮影小物は、ドライフラワーのブーケ、

ウェディングフラッグ(「ふたりの名前・日付」などが書いたタペストリー)です。

この中でも、ドライフラワーのブーケは、おしゃれさが増すアイテムとしてCANAELの花嫁様にも人気です。

花材や色合いボリューム、生花と組み合わせるなど工夫することで、個性に華を添えてくれるアイテムです。

プロポーズでもらった花束を、ドライフラワーにするという方も増えてきました。

大切な思い出の品をフォトウェディングで使用し写真に残すのも素敵ですよね♡

「衣裳小物」とは、ベールやヘッドアクセサリー(ヘッドパーツ)、ネックレスやイヤリングなど、

婚礼衣裳にはかかせないアイテムです。

新郎様であればシャツ、カフス・ネクタイ、ポケットチーフ、グローブ、

サスペンダー、アームバンド、シューズになります。

まとめて用意するのも一つですが、一つ一つのアイテムにこだわり、

自分らしくタキシードを着こなすのもよいでしょう

。 花嫁様はベール、アクセサリー(ネックス・イヤリング)、ヘッドアクセサリー(ヘッドドレス)、

グローブ、パニエ、シューズ、 綿帽子、角隠し、伊達襟、半襟、帯揚げ、帯、掛下、

末広(扇子)、筥迫(はこせこ)、懐剣(かいけん)、かんざし、髪飾りになります。

衣裳小物は、新郎新婦の魅力に華を添え、最大限に良さを引き出してくれるアイテムでもあるので

後悔がないように選んでくださいね。

 

 

いかがでしたか・・・

今回はフォトウエディングと結婚式の違いについてやフォトウエディングでオススメの小物などをお話ししました。

コロナ禍で大勢の人が集まりづらいご時世なので、

まずはフォトウエディングで結婚の節目をお祝いしてみるもの素敵ですよね。

CANAELではドラマチックに結婚式のような演出もご相談に応じて対応しておりますので

ご希望の方は一度お問い合わせくださいませ。

 

この記事を書いたスタッフ

大久保理佳子

メイクスタッフ
有名メーカーのメイクスタッフとして8年間勤務。自身の前撮り・結婚式をしたことがキッカケでCANAELのスタッフへ
トレンドメイクからパーソナルカラーを見てその方に合う似合わせメイクを得意です。
特別な1日のメイクはお任せください。

CONTACT