1. ウェディングフォトのカナエル
  2. ウェディングコラム一覧
  3. 【結婚式・披露宴をしない】ならフォトウェディング がおすすめ!

2021.01.16

【結婚式・披露宴をしない】ならフォトウェディング がおすすめ!

近年、入籍するカップルの約半数が挙式や披露宴を行わずフォトウェディング などで済ます「ナシ婚」層が増えています。「ナシ婚」を選ぶとどんなメリットやデメリットがあるのか?
周囲に対して失礼になるのか?また、挙式披露宴をしない変わりにフォトウェディング や前撮りなど何ができるのか、解説していきたいと思います!

 

結婚式・披露宴をしない理由とは?周りには失礼にあたいする?

 

 

結婚式や披露宴をしないカップルが増えていますがどういった理由なのでしょうか。
CANAELでリサーチしてみました。

・結婚式や披露宴に魅力を感じないので行わない
・仕事が忙しくて披露宴の準備にかける時間がないので結婚式だけする
・新型コロナウイルス対策で大人数の人を集めた結婚式や披露宴を行わない
・金銭面を考慮して披露宴は行わず、新生活や新婚旅行にお金をかけたい

などなど色々な理由があるようです。
確かに金銭面や世間の状況など少し前の花嫁さんたちの悩みに加え感染症対策なども慎重に検討する時代になりましたよね。

 

披露宴をしない代わりにフォトウェディングで両親に感謝を!

 

けじめやお披露目、両親や友人などの親しい人たちへ感謝を伝える場としても大切な役割を担う結婚式や披露宴。
披露宴はしないけれど、長年育ててくれた両親への感謝気持ちとしてせめて花嫁姿の写真は残してあげたいですよね。

 

フォトウェディング(フォト婚)とは、ドレスや和装を着て記念に写真撮影をする「写真だけの結婚式」です。
別撮りや前撮りなども似た言葉がありますが、前撮りや後撮りは結婚式をあげることを前提としているため、フォトウェディングとはまた別ものになります。

 

フォトウェディングは、普通に結婚式を挙げるより安いだけではなく、好きなロケーションで思うままに写真に残せるのが嬉しいメリットでもありますよ!

 

後悔しないために知っておきたい!フォトウェディング を選ぶポイント

フォトウェディングで撮影した写真は一生残るものだからこそ、絶対に失敗したくないですよね。しかし、期待いっぱいにフォトウェディングに臨んだものの、後悔が残ったという先輩カップルも一定数存在します。

【格安に惑わされないで!本物を見極めよう!】
格安プランに申し込んだら「髪飾が有料だった」「ブーケ などの小物も全て課金で選んだ」などなど様々な困りごとがあります。
課金システムのように、衣装代やアクセサリー代、フォトのプリント代やデータ代、レタッチ代など、後から費用がかさんでしまうケースも少なくありません。必ず担当者と直接細かな点まで確認してから契約することをお勧めします。

【写真が思っていたのと全然違う!】


お店側は作品をよりよく見せるために宣伝にレタッチを究極に施したほとんどイメージ画像を使用している場合もあります。
必ず実績作品を見るようにしましょう。多くの実績作品を使用している場合は安心できるのではないでしょうか。

【ヘアメイクがひと昔まえのデザイン】


せっかく一生に一度のウェディング。最近はSNSなども発達しているので、やっぱりはやりの髪型やメイクなどを取り入れて行きたいものです。
結婚式の実績が多いヘアメイク担当や、ヘアサロンとウェディングの二刀流の場合はサロンのSNSなどでトレンドに強いかどうかをチェックしてもいいかもしれませんね!

 

結婚式や披露宴をしない代わりにフォトウェディング をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたスタッフ

杉野歩実

大阪の有名サロンで美容師の基礎を学び、ORIGAMI南前川店のスタートアップに関わる。
サロンワークで抜群の人気を誇る20代No1美容師。
カット、カラーなどを含めトータルで関わらせていただき、ブライダルヘアメイクではお客様らしい素敵な似合わせアレンジをご提案させていただきます。

CONTACT