1. 徳島フォトウェディングのカナエル
  2. ウェディングコラム一覧
  3. 結婚式の前撮りマニュアル『流れからオススメの時期までご紹介』

2021.08.31

結婚式の前撮りマニュアル『流れからオススメの時期までご紹介』

 

一生の記念となる花嫁姿は、しっかり残しておきたいもの。 結婚式に密着して撮影するスナップ写真、式とは別の日に花嫁姿を撮影する前撮り写真など、 メリットから魅力ベストなタイミングをどんなものなのかチェックしましょう。

 

  • 結婚式の前撮りとは???ロケーション撮影とスタジオ撮影のメリット

前撮りのメリット前撮りとは、結婚式の日とは別に1ヶ月から半年くらい前に

ウエディングドレスや和装など婚礼衣裳を着て写真撮影を行うことを言います。

プロのカメラマンに依頼して行うのが一般的ですが、

最近は自分たちで撮影する「セルフ前撮り」を行う方も増加しています。

式より早く写真を撮ることで当日の予行演習ができる、 当日着る予定のない衣装を着用できるといったメリットも。

新郎新婦たちの多くが結婚式を終えてから気づくのは、

ゆっくりと写真を撮る時間が少ないことで 前撮りはゆったり写真を撮ることができます。

前撮りには前撮りにはフォトスタジオで行うスタジオ撮影と、

屋外に出て撮影するロケーション撮影があります。 ロケーション撮影は、屋外などに出て自分達の好きな場所で撮影することです。

「天候に左右されやすい」「スタジオ撮影と比較すると高額になる」という点はありますが、

写真の見栄えが良いのは大きな魅力です。 スタジオにはない良い雰囲気の場所や、

思い出の場所で素敵な一枚を残せます。春は桜、秋は紅葉など、季節感のある写真が撮れるのはロケーション撮影ならではです。

反対にスタジオ撮影は天候に左右されず移動時間がない為

落ち着いて比較的短時間で撮影でき風など邪魔するものがないので納得いくショットが残せます。

 

  • 結婚式当日には撮影できない【前撮りの魅力をお伝えします】

結婚式当日は挙式から披露宴まで、分刻みのタイムスケジュールに沿ってプログラムが進んでいきます。

細かいスケジュールの合間に撮った写真は、 結婚式の緊張から自然な笑顔をつくれなかったり、

希望の場所や構図で撮れなかったりすることも…。 その点、前撮りなら事前に打ち合わせをし、

時間をかけて撮影できるので、 世界観のある写真や新郎新婦ふたりの個性を活かした写真を残すことができます。

場所・衣裳へのこだわりや、「こんな写真を残したい」という明確なイメージがると 前撮りは一生の思い出に残りオススメです。

 

  • 前撮りのベストなタイミングと人気の季節をおさえておこう

前撮りの時期は、結婚式の約3ヶ月前がベストです。

撮影した写真のデータやアルバムを受け取るまでには、多少時間がかかります。

全データーを受け取るのであれば2週間~1ヶ月以上かかることもあります。

前撮り写真の使用用途は、結婚式当日のウェルカムボードや プロフィールムービー、プチギフトなどさまざまです。

結婚式のアイテムなどに前撮り写真を活用したいと考えている花嫁も少なくないため、

結婚式当日に間に合うようにと考えると、 余裕を持って3ヶ月前には撮影を済ませておくことがおすすめです。

前撮りの人気が高いシーズンは春と秋です。 春は満開の桜、秋は紅葉を背景に撮影できるため、

より季節感のある写真に仕上がります。

また、暑すぎず、寒すぎない気候の良さも人気の理由のひとつです。

特にロケーション撮影は長時間屋外にいることが多いので、

慣れない衣裳を着ながらの移動や撮影は過ごしやすい季節に行うほうが適しています。

 

前撮りについていかがでしたか???

結婚式が決まったら前撮りの流れ人気のある春や秋は撮影ショップの予約もすぐに埋まりやすい早めに予約を取るようにしましょう。

CANAELでは専任制でそれぞれのプロが集まり

10年20年後も色あせない前撮りを 撮影していますので前撮りお考えの方はぜひ一度お問い合わせください♪

 

 

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

大久保理佳子

メイクスタッフ
有名メーカーのメイクスタッフとして8年間勤務。自身の前撮り・結婚式をしたことがキッカケでCANAELのスタッフへ
トレンドメイクからパーソナルカラーを見てその方に合う似合わせメイクを得意です。
特別な1日のメイクはお任せください。

CONTACT